« ipod改造編⑮ ~その後、やっぱり気になる液晶画面~ | トップページ | 読書編③ ~村上春樹とカズオ・イシグロの比較~ »

2017年12月 4日 (月)

音楽鑑賞編⑥ ~今年はまったアーティスト~

zouが今年(実際には昨年秋ころから)一番はまった音楽アーティストはずばり
”マイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)”でっす。

知ってます?マイク・オールドフィールド。
それまではzouもエクソシストのオープニングのやつでしょ、くらいにしか思ってなかった。
エクソシストの曲は今でもテレビでしょっちゅうかかってますね。
これはマイク・オールドフィールドのデビュー作、1973年の「チューブラーベルズ」に入っている曲で、このアルバムはほぼ一人で2,300回もオーバーダビングして作成したものだということは知識として知っていた。
しかし、なんか気味の悪い感じで今まで意識的に遠ざけてきたのだ。

昨年、イタリアンプログレを物色する際に参考にさせていただいた緑川とうせいさんのプログレ名盤選において、マイク・オールドフィールドから2枚選ばれていた。
その紹介文においても絶賛されていたため、どんなもんかと試しに買ってみたところ、まあすごい!
何なんだこの音楽は!
次から次へとありとあらゆる楽器の音色でメロディがつながっていく。
あ~、zouが求めていたメロディがすべてここにありました。

それからというもの、この1年、マイク・オールドフィールド漬けです。毎日聞き続け、アルバムもほぼすべて網羅しました。

そんなzouがお薦めするマイク・オールドフィールドのアルバム5選(順不同)はこちらだ。

Tubular Bells (1973年)
まあ、やっぱりこれは外せないか。後半の原始人の咆哮あたりも最高。
2003年に本人が最新技術でまったくコピーした「Tubular Bells 2003」を聞いてもいいかも。


Ommadawn (1975年)
これは人気の高い作品。オカリナの音色にノックダウン。一発で虜になりました。


Incantations (1978年)
同じテーマをよくもこれだけ手を変え、品を変えやりますなあ。感心してしまう。


Platinum (1979年)
急にロックっぽくなった。でもめちゃめちゃかっこええやん。


Five Miles Out (1982年)
かなり最高。イントロ(?)からしびれる。歌ものもいい。この人は天才だ。


プログレ好きの人でまだ聴いていない方はぜひ聴いてみるべし。絶対に一聴の価値あり。

« ipod改造編⑮ ~その後、やっぱり気になる液晶画面~ | トップページ | 読書編③ ~村上春樹とカズオ・イシグロの比較~ »