« ipod改造編④ ~はじめてのipod開腹作業~ | トップページ | ipod改造編⑥ ~トラック制限についての考察【重要】~ »

2016年10月30日 (日)

ipod改造編⑤ ~Please Wait, Very Low Butteryの解決方法~

どんなSSDかは分かった。しかし、それがどうした。・・・なんの解決方法も浮かばない。
それならばバッテリの方を先にどうかできないものか。

開腹したばかりですが、いったん”甘め”に閉じて、ipodをパソコンにもう一度つないでみます。
画面は相変わらず「Please Wait, Very Low Buttery」の表示。

Low_buttery


ネットで調べてみると、この世代のipodではよくある”困った現象”のひとつみたい。
パソコンに接続して充電しても、何時間たっても(1日以上たっても)同じ状態が続くらしい。
そういえば、クソ出品者も「同期の際はバッテリー残量に注意してください。少ないとバッテリー切れで再起動にものすごく時間がかかります。」と言っていた。
zouもとりあえずそのまま何時間か放置していたが、何の変化もない。困ったもんだ。
さらにネットで調べてみると、この状況の打破に向けた記事もいくつかあった。
とくに、IwazerさんのIwazerReportに詳細な考察があり、非常に参考になった。


zou的に研究し、以下の方法で解決に臨む。
1.ディスクモードに移行するための最低限の電力を確保するため、”Ipad充電用のアダプタ”にUSBケーブルを差し込み、コンセントから直接充電(この充電方法でもipodに問題がないことをネット上の記事で確認済み)
2.15分ほどして再起動(MENU+CENTERボタン)を試みる
3.アップルマークが出る → 「Please Wait, Very Low Buttery」に戻らない!
4.すかさず、ディスクモード(CENTER+PLAYボタン)への操作 → ディスクモードへ
5.すかさず、パソコンに接続 → 充電マークの表示

みごと充電中!

6.しばらくすると、Itunesが立ち上がる → ???
7.まさかの、動かないはずのipodを認識??? → 復元できるのか?
8.「ipodを復元」を押してみる → 復元完了!
9.充電後、再起動 → ふつうに立ち上がる

えーと、最初の状態になりましたが。
SSD単体での初期化が必要、というのはどこに行ったのでしょうか。
もしかして、あやつは嘘をついたのか?もしくはこの方法を知らなかったのか?どちらにしてもやはりダメなやつですな。
それはどうでもいいとして、まずは最初の状態に戻ったことは良かった、良かった。



<zouのさらにマニアックな世界>
ipodをリセットする方法は、公式ページにその方法が記載してある。リセットすべきでない状況も記載しているので参考にされたい。
https://support.apple.com/ja-jp/HT204307
また、ディスクモードにする方法はこちら。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201544
ディスクモードとは、ipodをハードディスクとして、データファイルの保存や転送に利用するモードとのこと。そんなモードいる?

« ipod改造編④ ~はじめてのipod開腹作業~ | トップページ | ipod改造編⑥ ~トラック制限についての考察【重要】~ »